このブログは快快 / FAIFAIメンバーが週1ペースでお送りしてます。

2017年3月5日日曜日

りのです・快快新作公演CATFISHがおわりました〜〜

どもりのです〜
ブログをながらく停滞させててごめんなさい・
そして停滞している間快快のみんなはCATFISHをつくってました
もう公演がおわって2週間ほどたちます!
客席数がすくなくてみに来れなかった人も多いと思いますが
わたしもイタリアから1ヶ月帰国して制作に参加して出演できました・
妊娠7ヶ月の妊婦でした
こんなかんじ



今はイタリアにかえってきてお腹は毎日さらにでかくなってます

行き帰りの長距離フライト(14時間とか)や夫が一緒に来られないことなど心配要素が多くて
最初は参加自体あきらめていたのですが公演の2ヶ月くらいまえに思いきってみんなに体調いいし参加したいと相談したらみんな来て〜と言ってくれたので参加しちゃいました・
ついてそうそう風邪ひいちゃったりリハも体調的にみんなの半分の時間にしてもらったりと不安要素は多かったけどなんとかのりきれたのはまじでみんながいろいろ気を使ってくれたおかげでした・ふつうにほんとにありがとう・おいしいご飯も用意されており最高でしたあと公演中は会場だったホテルClaskaに泊まり込みだったけどこれでもかってくらい居心地がよかったです・さいこう

そしてリハ中もパフォーマンス中も主にこーじ・ふーみん・ごっちん、時に美術のあやみちゃんや料理をつくってくれたyoyoちゃんなどにも笑わされすぎてお腹いたくなりこんなに笑ってだいじょぶなのかと心配になり・妊婦 大笑い・でぐぐったりもしたのですが基本問題ない・むしろ大笑いは赤ちゃんにもよいというかんじでとにかく爆笑しまくって1ヶ月がすぎて、全部おわってかえるとき羽田からまたね〜爆笑の1ヶ月をありがとうとさみしくて泣きながらみんなにラインしたりして爆笑したり泣いたりきほん最高の人生です。




↑みてないとぜんぜんわかんないけど3人が大声でやーやややーと歌うとこ




↑大根とバナナのテロ集団が会場を占拠してるとこ

今回好きだったせりふは
「リラックスして億稼げなきゃこれからの時代」

「Uカップですよ」

「しごとこいこい・45105151」
です
見に来れた方は台本ももってるはずだからさがしてみてね

あと終わったあとにやっとひとつだけみれた公演がヌトミックの「Saturday Balloon」という作品で楽しかったしそのプアプアリッチリッチ精神(100円で〜)にふれじぶんたちとの違いについて考えこれは世代のちがい?若いから?とおもって自分たちが20代前半だった時の作品のせりふとか思い出してみたら
「俺の辞書には古代という文字はない人類はTシャツを着て誕生した」
ていうセリフとかが思い出されました・

そんで全然関係ないですがこれを書いてるわたしのお腹の中では赤ちゃんが回転運動をしまくり猫のポンズはおしりをちょっとだけわたしのももにくっつけて寝ています・かわえ〜

妊娠についてもちょっと書くと発覚したのは去年の9月終わりにこれまたソロ公演のために日本に帰ってきたときでした。

ていうかフライトの前々日からいきなり謎の喉がはれる風邪をひき、謎すぎて変だぞと思いとにかく寝てフライト中もずっと寝てついて数日後妊娠してることがわかり、その時も公演をあきらめるべきなのか、、となったけどまわりのみんなが助けてくれて守ってもくれて1時間強ひとりでしゃべりたおす作品をなんとかやれました(「これはすごいすごい秋」です)
今回も30分くらいしゃべりたおしたのですが、どうやらパフォーマンス中は体はリラックスしてるみたいで、お腹が張ったり痛くなったりもしなかった・

妊娠はぶっちゃけ今まではふわっとしたイメージしかなかったけどなってみるとものすごい変で、体は赤ちゃんに占拠されてまるで自分のおもいどおりにはいかなくなってふしぎなばけものになったみたい(と時同じく妊娠している友達は言った)です。そしてお腹や胸だけでなく脇の下もふくらみお腹に毛が生えてほかにもいろんなところに毛がはえたりもっとはえたりしてます(多分すごい個人差がある)

5ヶ月6ヶ月は精神的に不安定になるが7ヶ月8ヶ月になると謎の多幸感につつまれそしてそのあとそっこー産まれるという友達のもえちゃんの教えどおり、公演もおわって無事帰ってきたいま謎の多幸感につつまれてさいこうとかしあわせとか思ってばっかです・きっとちょっとハイにならないとのりきれない事態なのだと思います。

わたしあと3ヶ月したらママになります(でも基本ママのふりをするだけだけど)

実はわたし多分まわりから思われているほどアクティブな人間ではなく家が好きだしどこか遠くにいってもそこでだらだらするのが好きです・

旅や旅行をしても観光をがんがんするみたいなことはほぼないていうかこういう人生だから旅が多めだしどこかしらない場所にいくのは大好きだけどそこでのんびりするのが好きです。この1年くらいは初めてソロ公演でのアジアツアーもして初めての北京や香港やバンコクでの公演やそのあと妊娠したけどソロと快快と2回も日本で公演できて最高でしたがきっとここからはしばらくそういうことできないと思います・

だけど無事赤ちゃんを産んでしばらくして落ち着いたら、「これはすごいすごい秋」の公演をもういっかい多分日本でやって、香港にいって映画をとってそれを上映と上演のあいだみたいな感じでやる作品(「My little sweet ghost Charlie」というタイトルになるはず)をつくって、たぶんCATFISHももういっかいくらいどこかでやって、まだ行ったことあんまない中東の国にもいってみたいしインドもいって手掴みでカレー食べたいしあとふつうに近いとこではポルトガルいきたい・
いまからしばらくいろいろやれない時間にあれやりたいあれもやりたいをためてためてそのうちほんとにやるための起動力にするという作戦です・そうやって考えると赤ちゃんを産んで育てることがわたしの人生にあれやりたいあれもやりたいをもっと増やして実はもっとアクティブにしてくれるのかもしれない・

とりあえずいまは引き続きイタリア生まれでネイティブイタリアンになってしまう赤ちゃんに将来なんとか追いつくべく引き続きイタリア語の勉強けっこうがんばるという感じです・

わたしたちの赤ちゃんは女の子で5月のおわりの夏のはじめに生まれます。


では〜
CIAO!



ポンズはもう起きて遊んでくれご飯もくれとせがんでいます・

あとこんなわたしですが4月から落雅季子さんの「ガーデン・パーティー」というメールマガジンで半年くらい文章をかきます〜
http://www.mag2.com/m/0001678567.html

落さんのかいたステイトメントもあるよ
http://littlesophy.com/gardenparty_statement/

「目と手」というタイトルでイタリアでの生活のことやそのたいろいろ書く気まんまんですよかったら読んでね〜有料だけどわたしのほかにもいろんな人が書きます・落さんいわくしっとりお届けだそうですいい〜
ではほんとに
ま・た・ね

2017年1月21日土曜日

山崎です




引っ越し



前のブログを書いた直後、大学生の頃から15年過ごした大田区を出て、東京を出て、初めて神奈川県民になりました。
この年で、定職についていないということは結構ネックみたいで、被害妄想かもだけど不動産屋さんでなかなか物件を紹介してもらえず、結局一番最初に訪れた不動産屋さんがお友達に聞いてくれて、そこに入居できることになりました。
不動産屋さんは、話していると、「実は私、昔ね、」なんてレコードを出していたり、娘さんがボクサーで吉本興業所属だったり、僕の知り合いの事務所に稽古場を貸していたりと、なんか縁があるなあって思いました。大家さんも『役者?面白いじゃん。」っていい感じオッケーくれました。時々ご飯もくれます。

多摩川沿いに住んでみたかったし、人にも恵まれて良かったです。

もっと多摩川に行くものだと思っていたけれど、まだ一回しか行けていません。っていうのは、なんか東京側と神奈川側で整備され方が違うっていうか、この辺りだけかもしれないですが、こちらはあんまり河川敷に行こう!って気にならない感じです。
でも暖かくなったら釣りをします。

いつもインコは部屋に作った小屋にいたので、引っ越しの移動のためにサランラップとダンボールで簡易で作ったやつが、自分的には可愛くて気に入ったので見てください。二匹も移動中静かにしてました。





そして新居に作った小屋も気に入ったので(僕もインコも)、見てください。







「ルーツ」



年末はKAAT主催・演出/杉原邦生・作/松井周の「ルーツ」に参加していました。




インフルエンザで公演が半分くらい中止になってしまったので見るつもりが見れなかった人も多かったと思いますが、そういう方は申し訳ありません。でも芸術監督の白井さんにも、館長の眞野さんにも、「どうか、どうか、どうか再演を!」とお願いしたので、僕のお願いが叶うかはわかりませんが、叶った際はご覧いただけると幸いです。

とにかく、11、12月とKAATに毎日通えたのは最高でした。この生活5年くらいしてたいなってくらい、毎日が幸せで楽しくて幸せでした。KAATはスタッフさんが最高だし、劇場もいいし、それだけじゃ勿論なく邦生や共演者やみんなのおかげで幸せでしたよ。ありがとう、この日々って思いました。公演後の役者のfacebookみたいになっちゃったんで、杉原邦生の男前エピソードを一つ。



杉原邦生が男前





ある日、邦生に「あれ、こーじ、今日は整髪料つけてないの?」って聞かれて「昨日もつけてないし、最近つけてないよ、なんかナチュラルがいいって思って。っていうかワックスつけると、シャンプーしても全然落ちないじゃん。」って言ったら「安いワックス使ってるからじゃない?」って言われて、がーんってなって、高いワックスなんて選択肢に入ってなくて目にも入ってこなくて、こんなところでも貧富の差!8年前に出会った時はこんなことなかったのに!いつそんなに同い年の僕らに差が!って思って、恐る恐る「ナカノとか?」って聞いたら「ううん、デューサー。」とか言われて、俺は聞き取ることも発音もできないようなこと言われて、隣にいた演出助手のてっちゃんが「ロフトに一度おつかいで買いに行きました。」と教えてくれた。で、その日俺は、それで調子狂って、演技ガタガタで笑顔がこわばっちゃったよ!って言いがかりつけたら、次の日、邦生が「こーじ、これ、誕生日プレゼント。」とか言って本番数日前のクソ忙しい時に朝買って来てくれた「DEUXER(デューサー)」をくれました。


自分がなんて浅ましくてみみっちい男なんだって思いましたよ。完敗だし邦生に乾杯。邦生、男前だ、この男の為にこの公演成功させるぞって強く思いました。あいつは大成するね。そんなデューサーは美容院の良い香りがします。
なーんて思って、俺がルンルンで楽屋の鏡の前に置いたそれを、隣の求ちゃん(20代半ば)が見て「あ、デューサーいいっすよね」とかさらっと言われてショックでした。
そんなルーツの初日は、テンパった俺が、暗転中美術におでこをぶつけて、血だらけになって、「私、血だけはほんと無理。」と前日に言っていた女優さんの前に血だらけで立って無言で見つめあって、快快以外で初めて一緒の藤谷さんの衣装も途中で全とっかえして稽古着になって、変にあざとい芝居して観客には舌打ちされて、初日乾杯も参加できず救急病院に行き、「ぱっくりいったね、頭蓋骨見えてるよ」なんて5針縫ってもらう感じでした。

結構目立つ傷が顔にできたので(これまでに顔だけで20針以上縫ってて)、さすがに形成外科に行こう、今後映像のお仕事とかあるかもしれないしアップに耐えられないっていう考えが、「取らぬ狸の皮算用」か「備えあれば憂いなし」かは捉え方次第ですよね。俺の捉え方は、「備えあれば憂いなし」の「石橋を叩いて渡る」寄りの方って感じですかね。



最近の見た目34歳



最近、白髪増えたって言われる。自分でもそう思うけど。あと正月に姉に「こーじ、なんかしわくちゃ、大丈夫?」って言われてオールインワン的な美容液もらいました。若さを装ってたんだけどな、刈り上げちゃったりして、やんちゃ装ってたんだけどな。3日前に細かい字が読みにくくて「え?老眼始まっちゃいますか?」ってドキッとした。快快のホームページ用にプロフィール写真を撮ったんだけど、iphoneで自撮りだけど、初めて色とか明るさ補正しちゃったもん、なんか活きが悪くて。

ビフォー

アフター



快快新作「CATFISH」



まさに快快の新作「CATFISH」のリハーサル真っ最中です。



実は約3年ぶりの新作公演です。
きっとこの3年でメンバーも色々変わったことだと思います。ドキドキします。絹代さんなんて2人目生んだし。うちの姉も子供産んだけど本当可愛いわ、赤ちゃん。

僕は最近、お芝居が面白いです。僕のお芝居が面白いんじゃなく、僕はお芝居が面白いと感じていますってことです。みんなには前もそう言ってたよと言われるけども、今そう思っています。
だから「ルーツ」もお芝居ができて楽しかったし、きっと俺はこの一年で演技力が成長したはず、そうだよね藤谷さん、俺「ルーツ」でお芝居に関してはそんなダメだしされてなかったもんね?って快快の稽古場で聞いたら、口をつぐんだ衣装の藤谷さん。結構本気で「え!ちょっとそんな冗談よしてよ!」って思って、何度も「ねえ?そうだよね?ねえ?俺の芝居、、ねえ?」と聞いてもノーコメントを貫かれて、ちょっと予想外の反応過ぎて消化できませんでした。客観的にどうなのか気になります。が、それは、「 CATFISH」を見てもらったらわかること。でもチケットは売り切れてしまいました。
最近の課題は、普段の山崎皓司を面白がられて、演技をすると途端につまんなそうにされることですね。ありがちですけどね。永遠の課題でしょう。
なんか、俺、芝居芝居って盲目になって、つまらない人間になってしまったのかもしれないって、久々の快快で不安になっていたんだけど、やっぱりメンバーが笑ってくれると、とても嬉しい気持ちになります。



2017年1月11日水曜日

快快-FAIFAI-より寒中お見舞い申し上げ&新作のご案内

よんちゃんのふりしてあにーです。

以下、メールで出した寒中お見舞いなのですが、ぜんぜん届いてないような不安にかられブログにも転載。

メールニュースとかメールコンタクトの管理とか大変ですよね。こればっか一生やる人生なのかなって思うぐらい漏れダブりのチェックとエラーの嵐に忙殺され続けても開封率20%とか悲しみです。脳に直接公演情報送りたい。

さて、TPAMフリンジのページにのみひーーーっそりと出ていましたが、2月15日〜17日に新作本公演「CAT FISH」を上演いたします!
実はオリジナル脚本での新作本公演は「へんしん(仮)」以来、約3年ぶり。ホテルのスイートルームの一室、1公演30人限定という豪華空間を舞台にやります。朝11時そしてまさかの夜22時開演の回もあるいう掟(ていうかただ慣例なだけだけど)破りの時間設定も魅力ですね。宿泊施設は保証いたしませんので終電にはくれぐれもお気をつけて。

1月15日(日)正午より一般(オーディエンス)チケットの受付を開始いたします。
みなさまのご来場お待ちしてます。

あにー


⇩ココからごあいさつ

昨年は何かとお世話になりまして、ありがとうございました。
本年も昨年同様よろしくお願い申し上げます。
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。

快快一同




国内にいるメンバーで年始に写真撮りました。藤谷は新年早々遅刻をしてひとり、ご飯食べてます。(藤谷さんケーキ買って来てと頼んだら、買って来たケーキが一切れでした。)





持ち寄ったごはん。何となく撮ってみましたが。超日常ですね。






この度また快快ファミリー増加しましたので目出度いGIFをどうぞ。(野上の息子です。野上の息子って言葉、なんか良いですね。






さて、そんな快快。久しぶりの新作公演いたします!

座席少ないです!

-----------
快快-FAIFAI-
「CAT FISH」(キャットフィッシュ)
2017年2月15日(水)~2月17日(金)

CLASKA Room 402(〒152-0001 東京都目黒区中央町1-3-18)
http://faifai.tv/news/faifai/2984/


「CATFISH 」
猫、魚。
直訳すると、ナマズ。
ネットスラングで「なりすまし」を意味する。
今回のお話は、ホテルを舞台にした劇。
宇宙人が登場する物語。
時代が変われば、その都度かたちを変えて人類の前に現れるUFO
彼らは人類にとって漠然とした不安の「なりすまし」である。
同時に彼らへの興味は、未知への好奇心の表れでもある。
ぼんやりと揺れ変わる今、「なりすまし」の彼らは、どんなかたちをしているか?

と、この内容をあえて劇場ではなく、おしゃれホテルCLASKAのスイートルームでやります。
皆さんのお越しを心よりお待ち申し上げます。
北川陽子

演出:快快
脚本:北川陽子
出演:大道寺梨乃 山崎皓司 (以上、快快) 桑原史香 後藤剛範

公演スケジュール:
2月15日(水)22:00
2月16日(木)11:00 / 14:00 / 19:30 / 22:00
2月17日(金)11:00 / 14:00 / 19:30 / 22:00
上演時間 70分(予定)
※受付開始・開場は開演の20分前となります


チケット料金:前売・当日ともに 4,000円(全席自由)
チケット発売日:2017年1月15日(日) AM12:00~
チケット取扱:快快 faifai.tv

お問い合わせ:info@faifai.tv
※会場への直接のお問い合わせはご遠慮ください

TPAMフリンジ参加作品
TPAM参加登録者特典あり(4,000円→3,500円)
詳細はこちら→TPAM 国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2017 http://www.tpam.or.jp/2017


技術監督:佐藤恵
舞台監督:森友樹
舞台美術:佐々木文美
舞台美術補佐:及川紗都
衣装:藤谷香子
記録:加藤和也
翻訳:吉岡友里
翻訳監修:Sebastian Breu
メインビジュアル:ハギーK
宣伝美術:廣岡孝弥
制作補佐:河村美帆香 小原光洋 横井貴子 小野寺里穂
協力:中山奈美 星野大輔 木元太郎
助成:アーツカウンシル東京
主催:快快