このブログは快快 / FAIFAIメンバーが週1ペースでお送りしてます。

2016年8月16日火曜日

あああああ夏休み〜

絹代です。

Tokyo Art Frow 00 快快作品『ウェルカムチキュージン』


先月末に無事 Tokyo Art Frow 00 にて「ウェルカムチキュージン」を発表し終えた私たち。



ウェルカーム!!!
ふたこたまがわ rise!!
娘の「ミチュージン」も手伝ってくれました
公演の合間にヒエヒエの川で水遊び


今、私は娘が小学生になって初めての夏休みを満喫しています。

満喫っていうか、、
正直もううんざりです。

なぜなら、弁当作りが辛いから。


何回かチャレンジしてやっとうまくいった唐揚げ

そう、夏休みは給食がないので学童保育に行ってもらうには弁当が必要なんです。
毎日通うわけではないけど、慣れないうちは結構ストレスで、最初の頃は本当に嫌々やってたんだけど、最近はうまくいかなかったおかずの研究なんかを知らず知らず始めてしまって、さながら自由研究。


自由研究といえば、娘の自由研究はこれ。

これは私が夜なべして縫いました


白いワンピースに夏休みの絵日記をたくさん書いて「思い出を着る」というもの。

ちゃんと9月1日に完成してればいいけど、絵の方は未だ手付かず。

っていうか、小1の夏休みなんて、当然のことながら全然自分で宿題やらないよね。
もう、宿題の心配しすぎちゃって娘の宿題なのか私の宿題なのかわからなくなってきた。

そんなノイローゼ気味の初めての夏休み。
早く9月にならないかなー。

2016年8月9日火曜日

本当に起こったこと、起こらなかったこと

のろです。

ソーシャルストリップ公演のアジアツアーで、
北京〜香港〜バンコクと廻り、今はイタリアのチェゼーナで
新作の滞在制作をしています。


ツアーでは、色々と楽しいことや大変だったこともあって、
たくさんの景色や親切なひとに出会ったのだけど、
そのへんは、ひとまず置いて、
バンコクのスワンナプーム空港で、
エミレーツ航空のチェックインカウンターに並んで待っていたときの
話をひとつ。



チェゼーナへ向かう、バンコクの空港。
2日前に起きた、ドバイでのエミレーツ航空の事故のことを考えながら、
(ボーイング777が着陸後に炎上し、乗客に死者はなかったが、消防士がひとり亡くなった)
すぐまた何か問題が起こることはないだろうと自分に言い聞かせて、
事故の影響か、ものすごく長い長い列にしばらく並んでいた時のこと。

突然、女性の金切り声が響き渡り、びっくりして、あたりを見回す。
空港にいた人々に緊張が走ったのがわかる。

『まさか、ついに、自分もテロの現場に出くわしてしまったのか。
ひょっとして死ぬ可能性もあって、どうしよう、とりあえず、
スーツケースの後ろにしゃがんでいれば、流れ弾には当たらないのでは、
爆発の場合、関係ないけど、苦しまないで死ねるかも、死ぬのかな
でも、意外と空港は広いし、自分は助かる可能性もあるかもしれない』

叫び声が階下から聞こえてきたのがわかる。
廻りのひとが下の様子を見ようと集まっていく。

前に並んでいた二人組の女性の一人が、下の様子を見て戻ってきた。
話を聞くと、どうやらタイのアイドルが空港に到着して、
出待ちしていたファンの女性たちが、叫びまくっただけらしかった。


何事もなく、バンコクの空港から出発し、もうすぐドバイに着陸する。
飛行機の窓から見える景色は本当に砂漠ばかりで、
その中に、砂漠に在ることは普通で、何でもないことなんですよ、
というような顔をして、たくさんの高層ビルや建物が、規則正しく並んでいた。




2016年7月15日金曜日

宇宙人

よんです
今、絶賛ヘルニア中で
とてつもなく激痛です
首から右腕にかけての
激烈な痛み
これはたまらない
私の部屋には
本がたくさんあるのですが
寝室で痛み悶えていた時
「わたしはロボット」という
SF小説と目が合い、
ぎゅっと泣けてきました
その時まじで
右手を機械にしたいと思うほど痛かったからなのですが、、
思い返せば初めて首を痛めたのは
大学の卒業制作の時、夜通しの脚本作業中でした
壁に耳あり障子にメアリ
という
自分でも謎すぎるキャラクターが登場する
脚本でした
(演じたのはりのちゃん)
あれから毎年発症するこの痛み
今回は初めて腕にきて、
これはまずいんじゃないかって事で
病院いろいろ行ってみて、
3人の先生全員違う診断で困りつつも
首にコルセットをして超安静
これが一番なので
痛み止め飲みながら耐えております
本も読めないので
宇宙人の事でも考えるかな、、
という感じです
なぜなら今、わたし的に話題の
宇宙人についてがテーマの
ウェルカムチキュージンシリーズを
制作しており
先日のパルコバージョン
アンスティチュ・フランセバージョン
 なんか赤いのいる
 保護色を使うのろさん
いろんな場所にいるのろさん
が終わり
今月末には
トーキョーアートフロウバージョン
が待っているからであり

faifaiはこれ

もう脚本は書き終えてるけど
あれこれと
宇宙人なー
考えてるとこです
今月末なのですごい暑いと思うけど
ぜひ来てください
宇宙関係の本は、
わりとTwitterで話題だった
「70年代オカルト」を読んで、
これは私としてはあまり発見はなく、
「UFOとポストモダン」
こちらを面白く読みました
ムーと、ネットのオカルトサイトも
でも、あくまで
私がめっちゃ人間なので
全くトンデモな方向にはいかず
宇宙人の事考えてるふりして地球人の事多めに考えちゃってるパターンですけれども、
それは仕方のない事です
それでも考えるんや
それがー
宇宙人の1人としてのゴミ屑塵子のー
ごみ屑なりのー
嬉しさや
という事なんです
なんか

ネットの友達と話してるとよくかかる
関西風語尾病
これいやですね
でも人は
一番気持ちが伝わる語尾を
探す旅人
なんや
またね!

最後に、この間の会議でやまざきと私は同じパンケーキに同じ甘いドリンクを頼みまるで女子会だったという事と、
やまざきが、世界平和が叶うなら俺、魔法少女になってもいいって思うんだ
と言っていた事をここにしるす

よん